毎年1月ビットコインが暴落する?知ってたら早く教えてよ。

今年から仮想通貨を初めてみたらいきなり食らった1月17日の大暴落。手も足もでずに、ただただ傍観していたところ・・・。

January Dips ???
(ジャニュアリー・ディップス)

仮想通貨は、毎年1月に必ず大暴落が起きているそうです。

知っていたなら教えてよぉぉぉぉ。

ジャニュアリー・ディップスとは?

過去4年間の1月には必ず大暴落が起きている。やっぱり2018年もおきたね!というTweetがチャート付きで広まっています。

仮想通貨の1月大暴落のことを「ジャニュアリー・ディップス」と言うのだそうです。恒例行事のようなので、昔から仮想通貨取引をしている人たちには有名なイベント(?)だったのです。

しっていたなら早く教えてよ。巻き込まれたじゃないですか!

昨年暴騰して話題になったビットコインや仮想通貨取引ですが、わたしは指をくわえてみていました・・。 今から仮想通貨を始めても手遅れかもしれな...

ジャニュアリー・ディップスの原因

2018年1月17日の暴落前に、中国や韓国・アメリカなど各国政府が仮想通貨を規制するといっていました。

なので、そのことが暴落の原因かと考えていたのですが、毎年の恒例行事だと考えると見方も変わってきますよ。

単純に考えると、「投資家の節税対策」という理由が一番説得力がありました。

プロの投資家が税金対策のために1月に売ってくる

個人投資家の税金は12月末日で確定しますが、12月に利益をだしすぎると翌年の税金をたくさん払わないといけなくなります。

投資家からすると、翌年は儲けがでる保障はありませんから年末に利益をだすことは避けたいという心理が働くのは当然です。12月に仮想通貨の価格がどれだけ上がっていても、税金のことを考えると、売って利益をだしたくないのです。

もし売るのなら、次の年度が始まってからと考えるのは当然のことです。

1月に売って利益がでても、あと11ヶ月の間に税金対策をしておけばいいのですから、調整しやすいですもんね。プロの投資家が考えそうなことです。

ていうか、会社の社長さんも同じく、年度末に利益がでていたら「経費使って税金減らせ」とか同じこと言いますよね。

素人投資家がプロ投資家の節税対策に巻き込まれる

2017年後半、ビットコインを中心とする仮想通貨の価格が爆上げしました。仮想通貨市場に新規参入者が増えたことが原因だと思います。

中には、儲かるからという理由で勝っていた人も多いんじゃないでしょうか。投資の素人でも買えば上がる状態だったので、税金とかまったく考えていなかったのではないでしょうか?

無茶苦茶な値上がりで、暴騰・バブルと言われても納得するような上がり方でしたもん・・。

で、1月プロの投資家が例年のように売り始めると、素人投資家が怖くなって狼狽売が始まります

しかも、現物よりFXの比率が多い仮想通貨ですから、証拠金維持率を切った取引が機械的に売り始めます。いわゆる、ロスカットというやすです。

狼狽売り」と「ロスカット」、この2つが重なってジェットコースターのように下がっていったと考えられます。

素人投資家が、プロ投資家の作戦にまんまと引っかかってしまった。というのが本当の理由じゃないでしょうか。

1/3戻しは株式では危険ラインとなっているが仮想通貨は?

株の世界では、暴落後の1/3戻しがひとつの目安となっています。暴落底値から1/3戻すと、投資家がまた売り始める、再び下がり始めるといわれています。

2018年1月6日の最高値200万円から、1月17日暴落時の最安値100万

その1/3戻りは133万円ですが、株の常識が通用しないのが仮想通貨の世界です。

140万円を超えて安定するようであれば、株とは違った動きかたをするようです。なので、様子をみつつトレードの方針を決めようと思います。

教訓:仮想通貨は1月に資金を引き上げておくべき!

今回の暴落はとっても勉強になりました。

仮想通貨の世界は、毎年1月「January Dips」という大暴落イベントが発生する。その理由は、プロの投資が年度初めに投資資金の回収をはじめるため。

なので、来年からは

1月第1週に、
仮想通貨を日本円に戻しておく。

ことに決めました。

もし来年1月に、大暴落がなくても損するわけではないですからね。投資は自己責任ですから、自分で保険をかけておかねばなりませんもの!

関連記事

仮想通貨にエンジニアがワクワクする理由とは?

2018年初心者がbitFlyerでビットコインを始めても儲かるか?

まだ遅くない!仮想通貨で儲ける秘密を無料で手に入れる方法。

『Zaifコイン積立』は仮想通貨で安全に資産が増える唯一の方法。