転職するなら何歳まで?転職限界年齢が40代まで上昇している理由。

IT業界の都市伝説として「35歳定年説」というものがありました。

35歳になると、技術習得能力が衰えてエンジニアとしての価値がなくなる。で、転職しようとしても、転職可能な年齢は35歳くらいまと言われていました。

少し前なら、35歳が転職年齢の限界だったので、あながち都市伝説でもなかったわけですが・・、最近は状況が変わってきて、今は都市伝説化しているのです。

転職できる限界年齢は?

リーマンショック以前1割程度だった、35歳以上の転職率は2013年に2割程度まで上昇したと、転職サイトDODAの編集長が記事の中で語っています。

いまでは、転職できる限界年齢は8歳あがって、43歳だそうです。


週刊東洋経済eビジネス新書No.60

なぜ転職年齢が上がっているのか?

転職年齢が上がった理由は、

  1. 雇用対策法改正(2007) 年齢制限撤廃
  2. 成果実力主義が浸透
  3. アベノミクスによる景気上昇
  4. 若手世代の人口減少
  5. 定年年齢の延長

とにかく、年齢にこだわっていると人が集まらないという実情から、「ミドルであっても優秀であれば採用したい」という企業が増えてきたからです。

ミドル採用は企業側にもメリットがある

新卒は「入社3年で3割が辞める」と言われています。企業側からすると、多額の費用をかけて教育しても辞められると無駄になります。

中途採用なら、低予算で即戦力の人材を採用できるわけです。教育資金に余裕のない中小企業ほど、中途採用に力を入れるのは当然です。

また新卒は、大手企業に入社することを目標としますから、中小企業は新卒を採用しにくいからということもあります。

大手企業で教育された優秀な人材を採用できる、転職採用は中小企業やベンチャー企業にとってメリットしかありません

若手よりミドルを求める企業が増えた

会社を改革・新規事業を始めようとしても、社員だけではなかなか進みません。経営はスピードが大事ですから、新規事業の経験者を採用したほうが早く、確実に進めることができます

また、20~30代の若手だと古株の社員たちから反発をくらいがちです。能力に年齢は関係ない・・なんてウソです。なんだかんだ言っても年上の言うことは聞くものです。

他社でリーダーを経験してきたミドル人材は、会社の改革・新規事業には必要な存在なのでです。

40代の転職で必要な能力とは?

40歳だと定年65歳まであと25年もあるのです。4半世紀も働けるわけですから、40代でも転職は可能です。

ですが、今でも40代の転職は難しいです。

40代の転職に出身大学は関係ありません。専門技能・知識があるだけでも採用されません。40代の転職は、履歴書・経歴書に書かれていること以外、職務以外の内容が採用の決め手になります。

職務以外の内容とは、

  • 業務遂行能力
  • マネジメント経験

つまり、チームを動かし指導していく能力・リーダーシップ能力が採用の決め手になります。

転職成功例とし紹介されている方は、「部長」「課長」などの肩書がついていることが多いです。このことからも、転職先が求める人物像はリーダーになれる人だということががわかります。

なので、今の会社でリーダー経験や肩書をあるなら、40代の転職でも成功する確率がグンと上がります。

肩書って必要ないと思っていましたが、40代で転職するなら肩書は必要のようです。

40代で転職する可能性があるのなら、20代~30代のうちに、

アピールできる肩書、もしくはリーダー経験を積んでおきましょう。

社長・リーダーとはなにか? → バーチャルCEO

肩書はいらない。リーダーなんかならない。 ガンコなあなたはわたしと同類かも。頑固なあなたはフリーランスに向いてるよ(笑)

政府の働きかた革命に呼応するように、2017年になりフリーランスという働きかたが認知され始めました。クラウド環境・テレワークの普及などにより、I...
IT業界に転職しよう!

IT業界には、いろんな人の夢が集まっています。

いろんな人が、いろんな場所で、自分の夢をかなえるためにがんばっています。

IT業界は、コネや才能・お金がなくても、夢をかなえることができる職業です。

IT業界への転職ならこちら >>

フリーランスを目指すなら >>

関連記事

ITエンジニアに学歴は関係ない!低学歴でも高収入が得られるクリエイターだ。

ほかにやりたい仕事があるんなら転職サイトに登録して探してみるのが近道だ。

年下の人脈を作っておけばカッコよく仕事ができるという理由。

年収アップしたいなら年収交渉のプロ「転職エージェント」に任せればいいじゃん。

転職は転職先目線で考えると成功する確率がぐんとアップするよ。

プロマネを極めてマネジメント能力をマスターすれば仕事に困らない理由とは?