年下の人脈を作っておけばカッコよく仕事ができるという理由。

Wantedryという転職サイトにAI開発で求人をだしていた会社に、57歳男性から応募があったそうです。その社長、優秀っぽいと言って面接にでかけていきました。

IT人材不足の昨今、50歳代でも社員になることができるのか?

この記事は、年齢に関係なくカッコよく転職したいITエンジニアのあなたに向けて書いています。

57歳でも転職できるの?

「優秀そうだ」と期待して面接にでかけた社長でしたが・・。

戻ってきたら、ただただただ無言で笑っているばかりです。ウンともスンとも言いません。

重苦しい空気のなか、ようやく口にした言葉は、

「よくしゃべるオジサンだった・・・」

以上!

やっぱり、だめだったのね。

30歳~40歳代のあなたには、そんな哀れな思いをしてほしくないのです。

50歳以上になっても、転職するならカッコよくです!

コネがないと転職はムリ

今回面接にきた57歳男性は、AI関係の研究が長く、話をすると優秀だと感じたそうです。

けれど、初めて会う人物なので、経営者としては年齢を考えると慎重にならざるを得ません

年齢的に、教育するという選択肢はありませんから・・。

経営者の立場になって考えてみてください。

初めてあった57歳男性を採用しますか?

以前、仕事をしたことがあって、能力を知っていれば、

「定年後でいいから、うち(会社)で一緒に仕事しましょう!」

と言うでしょうが、なんらコネのない、初めての人は難しいですよね。

相性があいますか?

「来年定年になるんだけど、仕事ない?」

って、むかしよく聞かれました。役員の方が多かったですねぇ。

なくはないけど・・・。

会うのは初めてじゃないですが、システム開発の最初と最後しかお会いしたことないです。

あなたがなにできるか、よく知らないし・・・。

なんだか、50歳超えて定年がみえてくると、偉そうにしていた役員の方でさえ哀れになってくる・・・

50歳以上で転職 するならカッコよく!

50歳でも60歳でも、転職は可能です!

ただし、知らない会社に転職するのは無謀です。哀れになります。

50歳になって、履歴書書いて、面接して・・・。

やだやだ、哀れだと思いませんか?

転職するなら、カッコよくです!

なんで50歳になって転職しようと思うの?

わたし、50歳で中小企業に転職しました!

会社役員をクビになったわたしは、50歳で無職になってしまいました。 ここまで波乱の人生だと、もう笑うしかありません。 わたしの本業はITエン...

その会社が、SIerに頼んで開発していたシステムが、なかなか稼働しないので、

「わたしが作ろうか?」

と言ったのがキッカケでした。

で、なんとなく社員にさせられてしまったわけです。

次期社長からは、「65歳まで働いて!」と言われていますが、

勘弁してください。安月給なので老後が心配ですぅ。

5年も勤めたので、そろそろ自分のやりたい仕事を始めようかと思ってますが、なにか?

60歳の転職ってカッコよくない?

若いうちに人脈をつくっておこう

なんだかんだで55歳になりましたが、30歳~40歳代に知り合った先輩・後輩に救われています。

先輩はみんな引退しているので、わたしが仕事ができているのは、

頼りにしてくれている 40歳代後輩のおかげです

成功者の定義 は、ひとそれぞれですが、

わたしは、

「後輩たちから頼られること」と思っています。

あと数十年頑張って、後輩たちの会社が大きくなれば、自慢できるじゃないですか(笑)

若いうちに人脈さえつくっておけば、50歳になろうが60歳になろうが、みんなが助けてくれるんです。

ただし、人脈づくりの基本は、

自分より若い人を中心にした人脈をつくること! 

です。

フリーランスになってわずか1年目に大きな事件がおきました! リーマンショックという経済不況です。 順調だったフリーランス1年目という...
IT業界に転職しよう!

IT業界には、いろんな人の夢が集まっています。

いろんな人が、いろんな場所で、自分の夢をかなえるためにがんばっています。

IT業界は、コネや才能・お金がなくても、夢をかなえることができる職業です。

IT業界への転職ならこちら >>

フリーランスを目指すなら >>

関連記事

転職かフリーランスか?悩むITエンジニアのひとつの回答。

仕事に自信が持てない人こそ転職先で実力を発揮できるかも?

転職・独立の決意、家族にどう伝える?反対されたら?

ITエンジニアに学歴は関係ない!低学歴でも高収入が得られるクリエイターだ。

ほかにやりたい仕事があるんなら転職サイトに登録して探してみるのが近道だ。

年収アップしたいなら年収交渉のプロ「転職エージェント」に任せればいいじゃん。