年収アップしたいなら年収交渉のプロ「転職エージェント」に任せればいいじゃん。

あなたは、今の年収に満足していますか? いくら年収アップさせたいですか? 10万円、20万円、 … 50万円、 100万円? ……

10万円アップぐらいなら昇給とか昇進でなんとかなりますが、50万円の年収アップは難しいです。

年収の大幅アップを目指すなら転職するしかないです。でも、転職先と年収交渉なんてやりにくくないですか? 

でも、転職先と年収交渉をしたことがある人はほとんどいないと思いますし、素人ではやれないでしょう。不当な金額を提示して落とされる可能性もありますし。。。

ですので、このような転職先との年収の交渉は、転職交渉のプロである「転職エージェント」に任せましょう。
(転職交渉のプロ、転職エージェントに任せれば、年収の交渉までしてくれます。)

大企業にいれば大丈夫!じゃない時代

わたしはシャープに勤めていたのですが、(ましたのですが、)10年ほどで退職しました。

とっても余裕があって、給料も良かったんですが、身の危険を感じて辞めました。

身の危険を感じた理由は、リストラで人員削減がおこなわれるようになったからです。20年も前のことですが、このままこの会社に残れても、40歳・50歳になったらリストラされると思ったからです。

いま私は、定年間近の年齢ですが、そのままシャープに残っていたら定年間近で無職になって路頭に迷っていたに違いないです。

もう、大企業にいても安心できる時代じゃないんですよ。

自分の身は自分で守らないといけない時代になったんです。

日米野球の年棒格差の裏にエージェントあり

日本のプロ野球選手が3億円。同じ選手が米国メジャーリーグにいくと7億円とか10億円!

この差は何か分かりますか?

そう、これがエージェント(交渉人)の実力なんです。日本のプロ野球は、選手本人が球団と交渉しているから年棒が低いままなんですね。

転職エージェントとは

転職エージェントは、あなたに変わって転職先の会社と交渉してくれる、交渉代理人なんです。

転職エージェントは、あなたが転職して初めて収入がもらえるので、あなたの転職活動が成功するよに親切にサポートしてくれます。

年収の交渉はエージェントにとって、もっとも重要な仕事です。

なぜなら、年収の数パーセントがエージェントの報酬なので、年収が高いほどエージェントの報酬が増えるからです。

なので、エージェントが自分の報酬のために頑張れば、あなたの年収も増えるという仕組みです。

つまり、win-winの関係なので、転職エージェントもあなたをできるだけ高い年収で転職させようと本気になるわけです。

メジャーリーグのエージェントは、お金を払って雇う必要がありますが、転職エージェントは無料で利用できるんです。

転職活動するなら、転職エージェントを利用しない理由は見つからないですよね。

だって、苦手な年収交渉してくれるんですよ、入社後に給料を100円あげるのが大変なのは、知ってるよね。

なので、転職時に決めた収入が全てです。今の年収をアップするには、勝負は最初の年収交渉なんですよ。

相談に親身になってくれる転職エージェントは?

転職エージェントの中には、転職者を商品のように扱うところもあります。

転職は、一生に何度経験するかわからない一大イベントです。本当に信頼できる転職エージェントに任せたいものです。

先日、リクルートエージェントの中の人にお話を聞きましたが、その中で、

「わたしたちは、無理に転職を勧めません。転職をやめた方がいいということもあります」

と、語っていました。後日、その転職者の本気がわかって、転職先を紹介したそうです。

どうですか?転職希望者を商品として扱わない姿勢が、よくわかるコメントですよね。

転職したい人のことのことを真剣に考えてくれる「リクルートエージェント」は、転職エージェントとして信頼できますよ。

しかも、リクルートエージェントホームページには、スタッフが顔出ししてコメントしてます。

リクルートエージェントなら、大事な転職活動を任せても大丈夫ですよ!

転職事例

転職エージェントが、親身になってくれる理由

転職エージェントはボランティアではありませんし、ハローワークの職員でもありません。

なのになぜ、親身になってあなたの転職のお世話をしてくれるか、わかりますか?

あなたが転職するときに決めた年収の数パーセントが、エージェントの売上になるというビジネスなんです。

つまり、あなたの年収が高ければ高いほど、エージェントの売上も高くなるわけです。

だから、エージェントは、あなたの転職を成功させて、年収アップに必死になるんです。

エージェントには、いくら欲しいと正直に言えばいいです。

ビジネスでたくさんの転職を見てきたエージェントには、あなたの市場価値はわかっているはず。

なので、希望年収で転職成功するかしないかも、なんとなくわかるはず。

年収アップは無理って言われても…

転職が無理ならズバッと「無理!」って言われるかもしれません。

ですが、それがエージェントのビジネスです! まだ市場価値が高くないだけです。

せっかくなので、エージェントから転職に必要なスキルをきいておきましょう。

今の会社に残って、スキルアップしたら、転職に再チャレンジすればいいだけだから。

あきらめずに再チャレンジするときは、同じ転職エージェントを逆指名するんですよ。

成長した姿を見せて、驚かせるのが楽しみにならないですか?

一緒にがんばろうと言われたら

逆に「頑張りましょうね」と言われたら、今の年収以上の価値があなたにあるはずです。

転職成功に向けて、頑張るっきゃないでしょ~!

多くの転職成功例をみてきた、転職エージェントが言うのですから、自信をもって堂々と面接受ければいいじゃない!

あなたの転職が成功するのを楽しみにしています!

転職サイトとエージェントの2刀流で成功を掴め!

年収アップを目的に転職するなら、情報は多い方が断然有利です。

転職エージェントは、担当者がつくのはいいのですが、紹介できる会社は限られてきます。

一方、転職サイトは中途採用募集のネット上のチラシなので、求人広告は無限にだせます。

リクルートなら、転職サイトのリクナビネクストと、転職エージェントのリクルートエージェントの両方があるのです。

両方登録しておくと、リクナビネクストでいい会社が見つかったら、リクルートエージェントの担当者に相談してみてください。

うまくエージェントが交渉できる会社なら、こちらとしてはもうけものです。

広告をだしている会社の予算の都合で、エージェントがつかないかしれません。

けれど、履歴書の書き方や面接の仕方など、エージェントに教えてもらったことは絶対役立つはずです。

本当は、エージェントが紹介する会社に転職するのがベストですが、広告で見つけた会社に転職するのも大ありなのです。

だって、あなたが見つけた会社が、エージェントの顧客になったら、エージェントももうけものです
わたしが、あなたのエージェントだったら、いい会社を紹介してくれてありがとうです。感謝しますよ。

これが、転職2刀流のいいところですね。

転職はビジネスだ!

転職は、「いかに自分を売り込むか」というビジネスですよ。

ビジネスの基本はご存知の通り「ひと・もの・かね」を使って「もうけ」ることです。

ひと (リクルートエージェントのスタッフ)
もの (リクルートネクストの多くの求人情報)
かね (全部無料!)

転職エージェントを、うまく使って、もうけ (年収アップ) ましょう!

IT業界に転職しよう!

IT業界には、いろんな人の夢が集まっています。

いろんな人が、いろんな場所で、自分の夢をかなえるためにがんばっています。

IT業界は、コネや才能・お金がなくても、夢をかなえることができる職業です。

IT業界への転職ならこちら >>

フリーランスを目指すなら >>

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ほかにやりたい仕事があるんなら転職サイトに登録して探してみるのが近道だ。

年下の人脈を作っておけばカッコよく仕事ができるという理由。

IT業界に転職したい人集まれ!IT業界にはプログラムが書けないSEがたくさんいる...

プロマネを極めてマネジメント能力をマスターすれば仕事に困らない理由とは?

転職・独立の決意、家族にどう伝える?反対されたら?

転職かフリーランスか?悩むITエンジニアのひとつの回答。