ビジネスを創るってこういうことか!

自分にはビジネスを創る才能なんてないと思っていませんか? わたしも、昨日まではそう思っていました、私が登録しているフリーランスエージェントの営業から、昨日連絡をもらうまでは・・。

営業から新規案件依頼の電話が・・

昨日、わたしが所属しているフリーランスエージェントから電話が入りました。

「大阪の営業所からの紹介だけど「Wagby」というツールを使った開発案件なんですけど、場所は関東の千葉なんです。たく3は、そのツール使ってましたよね、応援してもらえませんか?」

今は、別の案件が入っているので無理と答えたのですが、Wagbyというツールも、場所も、わたしが以前働いていた内容と合致するじゃないですか。

実は、Wagbyという開発ツールは、めちゃくちゃマイナーな開発ツールで、わたしが惚れてある会社に導入してもらったものです。そのツールを導入した会社の所在地が千葉なんです。

ピンポイントすぎるので、昨年までお世話になっていた会社の方に、Wagbyの開発者を募集していないかを確認したところ・・・。
ピンポン、大正解!

担当者は、わたしが別案件に入っているのを知っていたので、声をかけなかったのだそうです。ひと言いってくれればよかたのに、って愚痴りましたけど。

超高速開発ツール「Wagby」

Wagbyっていうツールはマイナーなので、知らないと思うので少し説明しますね。

Wagby (ワグビィ) は Web ベースのエンタープライズアプリケーションをノンプログラミングで超高速に開発するツールです。設計情報から業務ルール、画面、データベーススキーマなど、すべてを自動生成します。

詳細設計から単体テストまでの工数を大幅に削減することに加え、実際に動作するシステムを使ってレビューすることで、要件の修正もすぐに反映できるようになります。 http://wagby.com/

Wagbyを開発した会社は、沖縄に本社を置くジャスミンソフトという会社です。

2006年に発表した当初は、「Excelで管理しているデータを簡単にWeb化できる」ツールとして紹介していました。週刊アスキーにも紹介され、エンドユーザー向けの商品という位置づけでした。

その後、頻繁にバージョンアップを続け、今では企業システムの開発ツールとして使われ始め、300社以上の導入実績があります。

自社で早く安く開発できるツールということで、ソフトバンクも開発ツールとして採用し、ソフトバンクのホワイトクラウドコンタクトセンターとのCTI連携機能を実装し、CRM/SFAを構築し運用しています。

米国でも注目され、ガートナー「Cool Vendors in Application Development, 2016」に選ばれました。

Wagbyの開発元企業ジャスミンソフト、 ガートナー「クールベンダー2016」に 選定されたことを発表

超高速開発ツール「Wagby」って眉唾もの?

わたしがWagbyを知ったのは2014年頃だったのですが、当時はEXCELを使って開発していました。EXCELのシートを使って開発するんです。EXCELで設定した項目を読み取って、JAVAソースに変換しWEBアプリを作ってくれるんです。

そんな仕様なので、

どうせ、大したことできないだろう

と、舐めていたのですが、とんでもありませんでした。

わたしは、Wagbyで自社の物流基幹システムを作り上げ、

ノントラブルで4年間稼動し続けています。

ほとんど一人で作りあげ、ポイントを抑えた簡単なテストをしただけで、です。

このことで、わたしはWagbyの大ファンになり、支援先の会社にも紹介し、サブシステムの構築に採用してもらいました。購入決定までには1年ほどかかりましたが、システム開発は2ヶ月程度で完成したのです。

導入当初のトラブルはネットワークやサーバーなどの環境で、システム自体は驚くほど安定して稼動したのです。

だれもかれもが、超高速開発ツールの名前に眉唾でしたが、稼動の安定さをみると、認めるしかなかったようです(笑)

ただし、紹介したわたしも、紹介した企業の規模で動かしたことがなかったので、紹介したものの本心はヒヤヒヤしていたのですが・・

ビジネスを創るのは難しいことではなかった

Wagbyを使えば、半年かかっていた開発が3ヶ月足らずで楽にできてしまう現実。

Java技術者を使って500万円の開発予算が、300万円で終了するなら、月額100万円でも依頼する側からすると安いものです。しかもテスト工数も大幅に削減できるのです。

Wagbyはまだマイナーなツールで、使っている技術者はとても少なくまだまだ貴重な存在です。

なので、予算も高額。月額70万~80万円で募集がかかっているそうです。3ヶ月契約としても200万~240万程度のお仕事になります。

自分が惚れた商品(今回はWagbyという開発ツールですが)を、人に紹介してファンが増えているのをみると、「ビジネスを創るってこういうことか」と改めて思います。

自分の好きが仕事になる。

「ビジネスを創る」というのは、難しいと思っていたけど、簡単なんですね。

あなたの知っていることは、他人の知らないことです。あなたが好きは、他人も好きです。

なので、

あなたの好きなことはビジネスになる可能性大です!

 

まとめ記事がオススメ!
転職したいけど成功する自信がない。面接で自己アピールが必要だと言われても、アピールするものがない。なんて悩んでいませんか? わたしも自分に...
政府の働きかた革命に呼応するように、2017年になりフリーランスという働きかたが認知され始めました。クラウド環境・テレワークの普及などにより、I...
10万円でも年収がアップすれば嬉しいよね。10万円あれば、旅行にもいけるし、我慢していたパソコンも買えるし。 10万円どころか、いっきょに...

関連記事

フリーランスエージェントは、フリーランスエンジニアの最大の味方で最大の営業マンだ...

ポテパンフリーランスはシステムエンジニアにおすすめできるエージェント?

お金を借りるならサラリーマン時代に借りておけ。

フリーランスの健康管理は24時間フィットネスジムがおすすめ。

Midworksはフリーエンジニアに社会保障を約束する新エージェント。

フリーランスエンジニア暦10年。PE-BANKのエージェント契約を続ける理由。