ロボット「ロビ2」発表がMacintosh発表会と酷似?ロボットSEを目指せ

ディアゴスティーニが発売した「ロビ2」の製品発表会をみて、1984年にコンピュータ(MAC)が喋った時のことを思い出しました。ジョブズが初めてMacintoshを発表したときのことです。

当時、コンピュータは高価なおもちゃと言われた時代で、バカにされました。ところが、今は小学生でもスマホという名のコンピュータを使いこなす時代になりました。

ロビもまだ「高価なおもちゃ」と言われていますが、30年後は、ロボットを使いこなせない人は、仕事ができない人になっちゃうんです。

機械が喋ると感動する?

おもちゃでも機械でも、人がつくったものが喋りかけると「おっ!?」と思いますよね。驚いたり、感動したり、反応は人様々ですが・・。

1984年 「コンピュータが喋った!」

スティーブンジョブズは壇上で1枚のフロッピーディスクを取り出し、白い箱に挿入した。しばらくすると、白い箱は「ハロー ぼく、マッキントッシュ!」と、自己紹介を始めました。


初代マックがしゃべり終わった後、ジャブズが制止するまで拍手が鳴り止まなかったそうです。

それから30年たち、コンピュータは小さくなり、喋るコンピュータはスマホに形をかえて、手のひらで操作できるようになりました。

2017年 「ロボットが喋った!」

2017年6月6日のロビ2の発売記念の冒頭、新型ロボット「ロビ2」がセグウェイ風の自転車に乗って現れました。


自転車が止まると、ロビ君は自己紹介を始めました。堂々と、自信を持って

「ボク ロビ よろしくね!」 と..

マックとロビの類似点

WINDOWSパソコンメーカーがことごとく撤退していったのは、コンピュータは道具と考えたからなんですね。

道具でなくパートナーであってほしい

アップルの創業者スティーブンジョブズは、コンピュータは人間の生活を幸せにするパートナーだと考えました。道具でも機械でもなく「パートナー」です。

マッキントッシュというコンピュータが、今でも現役で進化し続けているのは、マッキントッシュはコンピューターではなくパートナーだからなんです。

日本では、ロボットというと「鉄腕アトム」の影響が強いせいか、ロボットは「友達」だと思っています。欧米では、ロボットは人間の所有物であり、道具という考え方が主流です。

「機械が友達になるわけないじゃん」
「しょせん、プログラムされてるだけじゃん」

と、冷ややかな目でロボットをみる欧米人の考えが理解できないほど、日本人はロボットに愛情・愛着を感じます

コンピュータを人間のパートナーにしたのは「ジョブズ」ですが、ロボットをパートナーにしたのは、鉄腕アトムの原作者「手塚治虫」なんです。

愛されるデザインであること

スティーブンジョブズは、マッキントッシュのデザインに徹底的にこだわりました。マッキントッシュのデザインをみて、可愛いと思った人は多かったのです。インテリアにもなるデザイン、だから MAC は「高価なおもちゃ」と言われてしまったわけですが・・。

ロビのデザインは、鉄腕アトムの影響を受けていることがよくわかります。ロビの設計者、高橋智隆氏は「自分が欲しいロボットを作っています」と言っています。

「そばにいてくれて、かっこよくてカワイイ相棒で、人と機械の両方の魅力をもっている」。ロボットは道具ではなく、人間のパートナーとして進化させたいそうです。

ロボットエンジニアの時代

マックが初めて喋った1984年当時、コンピュータを仕事にしたいというと、ほとんどの友人は理解してくれませんでした。

ですが、いま、コンピュータなしの生活は考えられません。小学校でも、プログラムが必須科目になるそうです。

これからは、プログラムが書けるのはあたりまえの時代になります。プログラムを使って何をするかを考えるのが、仕事になる時代です。

目指せロボットエンジニア!

まだ、ロボットがなにができるかわかりません。なので、ロボットを仕事にすると言っても、理解できる人はすくないんじゃないですか?

だから、チャンスなんですよ。

ロボット産業は、コンピュータが普及したのと同じ道を進むと予想されます。つまり30年後は、ひとり1台「ロボット」を持つ時代がやってきます。

ひとりに1台のロボットを持つなんて、嘘だと思いますか?

あなたは1984年の大人たちと同じ信じられない人ですか?

ロボットエンジニアになって未来を作ってみませんか?

まとめ記事がオススメ!
転職したいけど成功する自信がない。面接で自己アピールが必要だと言われても、アピールするものがない。なんて悩んでいませんか? わたしも自分に...
政府の働きかた革命に呼応するように、2017年になりフリーランスという働きかたが認知され始めました。クラウド環境・テレワークの普及などにより、I...
10万円でも年収がアップすれば嬉しいよね。10万円あれば、旅行にもいけるし、我慢していたパソコンも買えるし。 10万円どころか、いっきょに...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アマゾンエコーが恋人に?スマートスピーカーはひとり暮らしの必需品。

GoogleHomeMiniを買ったら意外に良かった3つの理由。

GoogleHomeに旅をさせてみた。旅行先でそのまま使えるか?

iPhoneに"OKグーグル"と言ってたらSiriに怒られちゃった。

アマゾンエコー発売決定!これから必要とされるプログラミングスキル。