転職回数が多のはアプリが原因だった!?~呪いのアプリを消滅せよ~

開発したアプリが3人の策士たちに利用され、3回の転職をさせられるという、想像しなかった30代後半でした。

最後にたどり着いたのは、中堅のソフト開発会社でで、その地方では有名な開発会社でした。

大手ソフト会社のグループで、地方色豊かで、とてもあたたかい会社でした。

途中入社のわたしたちも、あたたかく迎え入れてくれました。みんな、いい会社に転職できたと喜びました。

地方の会社のあたたかさを知った5年間

関西の地方都市が本社の会社で、東京支店に勤務することになりました。

東京支店は、わたしたちの移籍の為に準備されたんです。

まぁ前々から、東京進出は計画があったようで、わたしたちの移籍があったので早まっただけなんですが。

呪いのアプリを消滅させろ!

わたしたちが開発したアプリは、大手ソフト会社を通じて販売され始めると、日本全国に導入されました。

日本全国どころか、中国語に翻訳され台湾企業に導入されるまでになったのです。

順調に見えた矢先。第2の策士開発責任者が、影で動き始めていたのです。

その時期のわたしは、増え続けるユーザーの導入やサポートで全国を飛びまわっていました。

時代はインターネット時代になっていました。

第2の策士・開発責任者は、アプリをWEB化する決済を経営陣から取りつけたのです。そして、WEB化のリーダーは自分であると・・・。

開発責任者は作ろうといっただけで、開発し、導入し、サポートしているのはわたしたちです。

開発責任者は、1度だけ導入に関わりましたが、導入初期のトラブルで体調を壊しおかしくなって離脱しました。導入経験0社なのです。

そんなあなたがリーダーになって大丈夫ですか?

結局大失敗、2年かかってもWEB版は完成せず。プロジェクトは中止しました。

数年後、わたしたちが開発したアプリは市場から消滅してしまいました。

アプリの呪いは、第2の策士・開発責任者の手で解かれたのです。

未来がわかっていたのに放置していたのは、わたしです。

これが、策るということなのか!

いづれにしても、長年多くの人々を巻きこんだ、呪いのアプリが消滅したのです。

45歳 定年まであと10年

呪いのアプリが消滅し、自由になったわたしは45歳になっていました。

会社の規定によると、定年は55歳だったのです。あと10年しかないことに気づきました。

※この記事を書いた2017年で55歳になりますが、まだまだ現役ですよ(笑)

定年まであと10年、どう生きるか。定年後はどう生きるか、生きたいか。

悩みに悩み抜いた結論は・・・。 自由になりたい。 という想いでした。

自由を求めて、会社員をやめた45歳の冬

45歳にもなって「自由になりたい」などと、バカげた夢だと思いますか?

今、わたしは55歳になりましたが、45歳の判断は正しかったと思います。

すっごく自由な平社員になってますもん。

この10年、いろんな出会いと体験をして、自由に生きてきました。

その結果、ストレスのない自由な生活を楽しんでいます。

45歳の決断が、楽しいセカンドライフの始まりでした。

自由になるのに選んだ道は ・・・ 次回につづく。

【たくたくの一言】
40代は決断のとき!決断したから「楽しいライフ」が待っていた!

まとめ記事がオススメ!
転職したいけど成功する自信がない。面接で自己アピールが必要だと言われても、アピールするものがない。なんて悩んでいませんか? わたしも自分に...
政府の働きかた革命に呼応するように、2017年になりフリーランスという働きかたが認知され始めました。クラウド環境・テレワークの普及などにより、I...
10万円でも年収がアップすれば嬉しいよね。10万円あれば、旅行にもいけるし、我慢していたパソコンも買えるし。 10万円どころか、いっきょに...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社員とパートの複雑な人間関係。あなたならどう解決する?

仕事を辞めて家出したくならない?家出少女を保護したわたしに言えること。

名刺で仕事をしないと決めてセルフブランディングを始めた日のこと。

29歳初めての転職体験~大企業からベンチャーへの転職~

明るい失業者たち(2)~失業保険で起業を学んだ3ヶ月~

紙の教科書がない高校?50年前に予言されたダイナブック構想。