50歳で中小企業に転職したら自由きままな平社員になれちゃった。

会社役員をクビになって無職になってしまいました。フリーになったと連絡すると、50歳という年齢なのに、仕事を手伝って欲しいというオファーをたくさんいただきました。

嬉しかったのですが、50歳フリーランスの老後に未来は見えませんでした。

結局、中小企業の正社員への転職を決めたのですが、これが大正解でした。

そこには、望んでいた「自由きままなな平社員」ライフが待っていたのです。

50歳フリーフリーランスは無理!

けれど、そのほとんどがフリーランスのとしての契約でした。つまり期間契約で、仕事がなくなればポイされるんです。

フリーランスは、高収入が得られるので若い時はに稼ぐににはもってこいです。ですが、不安定な職種なので50歳からフリーランスの生活は厳しいのです。

フリーランスの多くは、売上が安定してくると会社を立ち上げて、社員を雇います。自分が働かなくても、収入が入ってくる仕組み作りをするのがパターンです。

いつまでも自分が働けるわけではないので、フリーランスという仕事で生活を支えるには、年齢的限界があるんです。

高年齢のフリーランスは、働かなくてもよい十分なお金がある人が、お小遣い稼ぎでするものです。

50歳のわたしが、フリーランス契約で仕事を受けたら、契約終了後に仕事がない状態になるのは、目に見えています。

そこで、わたしは中小企業目をつけました。

中小企業のIT化は遅れている

日本の中小企業のIT化は、世界に比べ遅れています。

遅れた理由は、ソフト開発が高くて中小企業では導入できないからなんです。メーカー中心になってしまった 日本のIT業界の構造上の問題です。

海外では、自社にIT開発部門をもっているので、早く、安くソフトウェアが手に入るんです。

いまはコンピューターがないとビジネスができない時代になっていまあす。

日本の中小企業も、ようやく自社開発の必要性に気づきいてきました。EXCELだけでは、限界だと…。

中小企業がある限りIT技術で食べられる!

わたしの持っているITの知識は、年齢に関係なく売れるんです。今年55歳になりますが、まだオファーがありますもん。

まだFAXで注文受けて、手書きの請求書を使っている中小企業は多いです。

ITの知識と技術を持ってれば、中小企業がある限り、仕事に困ることはありません!

自由きままな平社員

元会社役員ですが、いまは中小企業の平社員です。

自分で仕事をゲットして、自分でその仕事をこなして、おまけに社内のシステム作ってと、マルチでお仕事しています。

やってることはフリーランスと変わらないですが、中小企業の正社員という安心感があります。

社内のITコンサルのような扱いで、経営者からの相談にのっていますが、良いところも悪いところもズバズバ言います。

自分で仕事をとってきているので、クビになって直契約にした方が収入増えるんです。

クビにしてもらった方がいい立場で、経営者と話をするのですから、強気で意見を言えますよ。

家から会社のコンピューターに入れるようにして、

「今日は、家で仕事しまぁす」
「昼から出社するんで、よろしくね」

とか、欲しいものがでてくると、

「パソコン足りないから買って」
「開発ツールですごいの見つけた買って」

とか、おねだりします。

おねだりですが、社長への説明は、ビジネスライクでキッチリとしていますよ(笑)

2017年末には55時歳になりますが、「自由きままな平社員ライフ」を楽しんでいます。

あなたもITやWEB技術を身につけて、自由きままな平社員になってみない?

まとめ記事がオススメ!
転職したいけど成功する自信がない。面接で自己アピールが必要だと言われても、アピールするものがない。なんて悩んでいませんか? わたしも自分に...
政府の働きかた革命に呼応するように、2017年になりフリーランスという働きかたが認知され始めました。クラウド環境・テレワークの普及などにより、I...
10万円でも年収がアップすれば嬉しいよね。10万円あれば、旅行にもいけるし、我慢していたパソコンも買えるし。 10万円どころか、いっきょに...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

紙の教科書がない高校?50年前に予言されたダイナブック構想。

リゾート界の風雲児「星野リゾート」に学ぶフリーランスの未来。

パソコンで家を建てるアプリを作ってみたらSEという仕事が大好きになった。

【体験談】40歳からでもITフリーランスになれるのか?

7回の転職で履歴書がボロボロになった私の体験談。

29歳初めての転職体験~大企業からベンチャーへの転職~