750万円の年収を捨てるべきか?6ヶ月休職中のSEから相談された結果?

相談してきたのは、日本屈指の通信会社のSEで40歳・年収750万の男性でした。仕事のストレスで出社拒否になって半年、復職するか・転職するかで悩んでいるということです。ちなみに、こどもはまだ小学生で1戸建ての家のローンあり。

さて、わたしがしたアドバイスは?

出社しようとすると頭痛に襲われた・・

ある日、通勤電車の中で頭痛に襲われたそうです。体調が悪いだけだと思い、その日は休んで次の日、そのまた次の日。

休んで家にいるときは大丈夫なのですが、通勤しようとすると頭痛がひどく出社できなくなったそうです。その影響かその後、難聴にもなったそうです。

相談をうけた彼は、わたしの部下の旦那さんです。夫の悩んでいる姿を見かねて、良くなるキッカケができればと、わたしに相談してきたのです。

男性に会ってみたら・・優秀なエンジニアだった

部下同席のもと、男性に会って話しを聞きましたが、経験豊富な優秀なエンジニアでした。

大手企業の子会社ということで、年齢的にもマネージャーを任されているそうです。本人はマネージメントはしたくないと、ずーっと悩んでいたそうです。

手を動かすプログラミングがしたいと希望していたのですが、希望かなわずマネージメントをさせられているのだそうです。

彼と話をしていると、技術力の高さが伝わってきました。大手企業は、優秀な人材であるほど生産性の低いプログラマーでなく、生産性の高いマネージメント業務を任せるのは当然です。生産性が高いから、750万円という高い年収がもらえるわけです。

彼が担当している金融系という業種は、失敗は絶対許されない業種です。そのプレッシャーは相当なものだと想像できました。プレッシャーから解放されたくなる気持ちもわかります。

年収750万を捨てる勇気 ありますか?

一流企業で金融系の開発マネージャーという立場だから、年収750万を貰えているのです。プレッシャーのない、生産性の低い仕事に変わっると、年収が下がるのは明らかです。

本人も、その点は理解しているので、復職するか転職するかで悩んでいるのです。妻がいて、こどもが小さくて、住宅ローンを抱えているのですから、大黒柱としては悩むはずです。

けれども、復職して今の仕事を続けられるか? 不安も感じて当然です。今度倒れたら本当におしまい・・。そう考えるのも当然です。

わたしができる たったひとつのアドバイス

数多く転職してきた経験から、1週間徹夜続きでシステム開発をしたことも、1週間の出張先でトラブって3ヶ月帰らなかったこともあります。

現場では、お客様の怒号や視線に挫けそうになったことも、一度や二度ではありません。

そんなわたしが、相談を受けてアドバイスできるのはたったひとつ。

仕事は、
長く続けられる、好きなことを仕事にすればいいんです。

仕事なんて基本的になんでもいいです。自分がおもしろく感じて、好きだと思うことを長く続けられれば、それがいちばん!

好きなことすればいい。けど年収は・・減らせない?

男性の話を聞いていて、反射的に「好きなことを仕事にすればいい」とアドバイスしてしまいました。

わたしのアドバイスを聞いて、男性は驚いた様子でした。

その後、隣の奥さんの顔を見て「大蔵省が良いといえば・・・」と、言葉を濁していました。

大蔵省である奥さんは、「旦那のことを考えれば・・、けど・・」と、こちらも次の句がでてきません。

いまは、奥さんの収入と併せて1000万近くの年収があるわけです。それが好きな仕事に移ったら○百万減ると理解しているので、決断できなく困っているわけです。

それは理解できますが、会社を休職して6ヶ月経っても復職できていないのが現実です。

年収750万円の職場に復職しても転職しても、65歳定年までの25年間、ハンパない仕事ストレス・プレッシャーと闘わなければならないのです。

40歳という若さで耐えられなくなった彼が、これからそのプレッシャーに負けずに絶えれるのか? 精神が悲鳴をあげないか?

彼らにはふたつの選択肢があります。

  • 復職してプレッシャーの少ない部署に移動する。
  • 奥さんと同じわが社に入社する。

どちらも、彼ら夫婦の年収は減ります。ですが、夫婦ふたり併せた年収は約700万。家族3人が生活するには十分な年収だと思います。

わたしにできるアドバイスはここまで、「あとはふたりで決めるように」と言って別れました。

フリーランスという自由な生き方もある!

わたしは45歳になる年、「自分で仕事を選び、好きなこどだけしよう」と決めて、サラリーマンを辞めました。

45歳という年齢なのに、自由になる決意をしたのですが、どうすれば自由になれるかわかりません。 自由になるといっても妻がいるわけで、生活に必...

サラリーマンを辞めてフリーランスになったのですが、結局仕事量は変わらない・・、どころか仕事量は増えました

仕事量は増えたのですが、「仕事がイヤだ」とか「やらされている」とか思うことはなくなりました。なにせ、自分が仕事を選んでいるので後悔しません

失敗したらしたで、「失敗したなぁ。この仕事終わったら1ヶ月休もう」なんて、仕事量を自分で調整できるので、終わりが見えるので頑張れるわけです。

IT技術者なら、自分で仕事量を調整し高収入を得られる、フリーランスという生き方も選べます。

本当は、彼にフリーランスという生き方を教えたかったのですが、仕事を半年も休んでいると仕事感も鈍っていて、余計なストレスがかかると思って紹介するのを止めました。

けれども、IT会社で元気に勤めているあなたは別です。フリーランスのIT技術者は、人手不足で引く手あまたです。

フリーランスは、仕事量は変わらず、収入を増やすも自由。今と同じ収入で、年に1・2ヶ月休んでリフレッシュするも自由です。

社畜で安い給料でこき使われているなら、ストレスの少ないフリーランスになってみては?

ITフリーランスに万全のサポート なら PE-BANK↓

フリーエンジニアに仕事を紹介してくれる会社はたくさんありますが、その中でも異彩を放つ「PE-BANK」という会社をご存知でしょうか? PE...
まとめ記事がオススメ!
転職したいけど成功する自信がない。面接で自己アピールが必要だと言われても、アピールするものがない。なんて悩んでいませんか? わたしも自分に...
政府の働きかた革命に呼応するように、2017年になりフリーランスという働きかたが認知され始めました。クラウド環境・テレワークの普及などにより、I...
10万円でも年収がアップすれば嬉しいよね。10万円あれば、旅行にもいけるし、我慢していたパソコンも買えるし。 10万円どころか、いっきょに...

関連記事

29歳初めての転職体験~大企業からベンチャーへの転職~

紙の教科書がない高校?50年前に予言されたダイナブック構想。

未経験者がIT業界に転職するチャンス到来。1時間でWEBアプリができる時代に?

会社役員になっちゃいけない理由とは?〜任期と解任〜

7回の転職で履歴書がボロボロになった私の体験談。

婚活してる?婚活システムを作って感じたITエンジニアの仕事のやりがい。